東龍の歴史

東龍の歴史

「中華そば東龍」は2000年12月北白川通りにOPENしました。今迄のラーメン屋さんとはちょっと違う、面白くて、美味しくて開放的な雰囲気の誰でも気軽に立ち寄れる東南アジアの食堂をイメージして店作りをしました。

もちろん、ロケーションが京都なので「和」の要素も取り入れた結果、どこにもない不思議な空間となりました。

不思議といえば【東龍そば】の黄色味がかったスープ。店主である森本が和食職人気質の神経質なまでの繊細さと妥協を許さない頑固さで生み出した逸品です。

六年の歳月をかけて改良に改良を重ね、今日の味に至っております。

『百聞は一食にしかず』 是非一度ご賞味下さい。

東龍本店

女性や家族連れでも気軽に入れる、どこかなつかしいアジア風のお店です。

店主略歴

1966年12月
滋賀県朽木村に生まれる。
1986年3月
京都調理専門学校卒業後、和食の道に進む。
1995年
ベトナムを皮切りに、タイ、台湾、香港等を歴訪、アジアの食文化に影響を受ける。
1996年
帰国後、ラーメン作りを開始。
2000年12月
中華そば『東龍』をOPEN
2005年5月
屋台『一神堂』を河原町にOPEN
2009年4月
北白川『東龍』本店の南隣にらぁめん屋『福仙楼』をOPEN
2010年2月
『東龍』の二号店を河原町にOPEN
本店店主・森本珠光
このページのトップへ